DTPオペレーターのInDesign、Javascript関連セーブデータ。ただいま過去記事の整理中のため、記事が突然消えたり現れたり、記事の内容が微妙に変わったりします。最近は主にTwitter(@subi_omu)で活動。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タブ関係のサンプルスクリプト
タブつながりでついでにタブ関係のサンプルスクリプトを紹介します。

サンプルスクリプトはCS3以降のInDesignにはデフォルトでインストールされます。
それ以前のバージョンはインストールディスクに入っているかもしれません…が、バージョンによってついてくるサンプルスクリプトは微妙に違いがあります。
このスクリプトはCS5のサンプルスクリプトセットに入っていますが、CS2のセット(インストールディスク内に付属)にはありませんでした。


TabUtilities.jsx

samplescript03.png


上から順番に
・フレームの右端ぴったりに右揃えタブを作成
・カーソルの位置に左揃えタブを作成
・左インデントの位置に左揃えタブを作成
・カーソルの位置に1行目インデントと左揃えタブを作成
タブリーダーを指定することもできます。

特に一番下は「ここまでインデント」と同じ感覚でカーソルの位置に1行目インデントを設定できます。
いろいろ挙動が不審な「ここまでインデント」より使いやすいかもしれません。
スポンサーサイト
タブ設定が違う行を全選択して一括何mmとかでタブを移動できたら素敵じゃない?という思いから生まれたスクリプト
タブを駆使して作った表組のデータに修正が入るとします。
途中に縦一列増やすとか、全体の幅を調整とか。
これが死ぬほど面倒で、あとあとデータを使い回す可能性があれば表機能で作り直すけど、今回かぎりの修正だったら、ちみちみタブを動かして修正してたんです。
で、思いました。


「タブを数値決め打ちでまとめて移動できたらなあ…」


で、ざっくり書いたJavaScriptをメモ代わりにここに置いて寝たら、小人さん流星さんが検証&リライトしてくれました。いつもナイスフォローありがとうございます!
>>続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。