DTPオペレーターのInDesign、Javascript関連セーブデータ。ただいま過去記事の整理中のため、記事が突然消えたり現れたり、記事の内容が微妙に変わったりします。最近は主にTwitter(@subi_omu)で活動。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サロゲートペア文字その2 InDesignでコードポイント表記をサロゲートペア文字に戻す
前記事の続きです。

サロゲートペア文字がなんだろうと、要は化けやすい文字だから化けないようにひと手間かけなきゃいけない。
そのひと手間を自動的に一括で、処理できないかなー。

うん。スクリプトでやっちゃいましょう。

10/27追記:
5桁と4桁2組のコードポイント表記の両方に対応するように書き換えました。
>>続きを読む
スポンサーサイト
タブ設定が違う行を全選択して一括何mmとかでタブを移動できたら素敵じゃない?という思いから生まれたスクリプト
タブを駆使して作った表組のデータに修正が入るとします。
途中に縦一列増やすとか、全体の幅を調整とか。
これが死ぬほど面倒で、あとあとデータを使い回す可能性があれば表機能で作り直すけど、今回かぎりの修正だったら、ちみちみタブを動かして修正してたんです。
で、思いました。


「タブを数値決め打ちでまとめて移動できたらなあ…」


で、ざっくり書いたJavaScriptをメモ代わりにここに置いて寝たら、小人さん流星さんが検証&リライトしてくれました。いつもナイスフォローありがとうございます!
>>続きを読む
スクリプトパレットにヒントをポップアップさせる
JavaScriptはまだまだ勉強中で、既製作品のソースに頼りっぱなしです。
スクリプト作者の皆様本当にありがとうございますm(_ _)m

そんなありがたいソースの中からちょっとした発見。

JavaScriptにコメントアウトで

//DESCRIPTION:(任意の文章)

を入れるとこうなります。

description01.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。