DTPオペレーターのInDesign、Javascript関連セーブデータ。ただいま過去記事の整理中のため、記事が突然消えたり現れたり、記事の内容が微妙に変わったりします。最近は主にTwitter(@subi_omu)で活動。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Japanese-style Custom Crop Marks for InDesign
日本語は下にあります。(Japanese text below.)

I replicated crop marks settings as same as Japanese edition InDesign does, so other language edition InDesign user can make PDF with complete Japanese-style crop marks.

キャプチャ11021628


JPtombo.txt
2015/11/09 Slightly modified.

Download the JPtombo.txt file and rename file extension to JPtombo.mrk.

Put the .mrk file inside the PrintSpt folder.
Location of the folder:
Mac: /Library/Application Support/Adobe/PrintSpt
Win: \Program Files (x86)\Common Files\Adobe\PrintSpt
InDesign Server does not create it, but the .mrk file works in the manually created PrintSpt folder.

And you can select "JPtombo" from type of crop marks. (This is Export PDF dialog box).
Note: when you make new document or export as a PDF, choose 3mm bleed settings.

キャプチャ11021554

I made the file based on Dorothy Lindman's mrk files from here. Thank you!

*********
InDesign日本語版の「丸付きセンタートンボ」とまったく同じカスタムトンボのデータを作りました。他言語版のInDesignから日本のトンボ付きPDFを作れます。
日本語版ユーザーがトンボをカスタマイズするのにも使えます。というかそういう用途で作りました。

JPtombo.txt
2015/11/09 ちょっと修正

JPtombo.txt をダウンロードして、拡張子を書き換えてJPtombo.mrkにします。

.mrkファイルをPrintSptフォルダに入れてください。
フォルダの場所:
Mac: /Library/Application Support/Adobe/PrintSpt
Win: \Program Files\Common Files\Adobe\PrintSpt
InDesign Serverの場合はこのフォルダがありませんが、手動でPrintSptフォルダを作って.mrkファイルを入れれば動作するそうです。

これでトンボの種類からJPtomboが選択できるようになります。(これはPDF書き出しのダイアログです)
注意:新規ドキュメントを作成するときやPDF書き出しのとき、裁ち落としを3mmに設定してください。

このファイルはこちらにあるDorothy Lindmanさんのmrkファイルを参考にさせていただきました。ありがとうございます!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:デザイン・イラスト・テンプレート - ジャンル:コンピュータ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。